FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ホワイトシェパード V・。・V ♪

ホワイトシェパードの子犬の写真を撮ってきました。
生後約1ヶ月の可愛い子達です。

5.jpg

今回は5頭で生まれたのですが、すでに2頭は新しい飼い主さんが決まっています。
まだまだ少ない犬種なので、直ぐに決まる事が多いみたいです。


成犬になるとこんな感じです。カッコイイでしょ
ホワイトシェパードだけのオフ会もやってあるんですよ

6.jpg


ホワイトシェパードの話を人にすると『へぇ~ そんな犬が居るの』『見てみたい』
なんてよく言われます

ということで、ホワイトシェパードについて少しご紹介しますね

ジャーマン・シェパード・ドッグの中から、ホワイトシェパードは産まれていましたがその様な白い子の個体はスタンダード外であるとして処分されていた悲しい歴史があります。
ホワイトシェパードの能力は普通のものと全く変わりは無いのに毛色が違うだけで殺処分されていたのです。

そこで、アメリカ・カナダの両国のブリーダーがジャーマン・シェパード・ドッグの白変種を集めて改良し、出来上がったのがアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードです。

品種改良にあたって腰を強化したために、ジャーマンシェパードより腰高になり、そして攻撃的な性格も改良されて温和な優しい性格になりました。

ファンも世界中に増加してアメリカ・カナダから輸出されるまでの人気が出て、スイスに渡ったものは更に改良されてより純白でより華麗で優しい性格のホワイトシェパードに改良されました。

この犬種は後のホワイト スイス シェパード ドッグで、原種となった本種よりも人気の犬種となって世界中で飼育されています。

それにより白色のジャーマン・シェパード・ドッグに対する見方も変わり世界中のケネルクラブでジャーマン・シェパード・ドッグの毛色のスタンダードにホワイトが追加されています。

原産国であるドイツではいまだにホワイトの毛色のものはスタンダードとして認めらておらず、たとえ両親が血統書つきチャンピオン犬であったとしても血統書を発行してもらえず、ジャーマン・シェパード・ドッグとして認めてもらえないうえ、ドッグショーにも純血種として参加できない決まりになっています。

アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードとホワイト・スイス・シェパード・ドッグ、そしてホワイトの毛色のジャーマン・シェパード・ドッグは外見がよく似ているため、3犬種を並べて見ないと専門家でも見分けをつけるのが難しいとされている。そのため、他犬種以上に血統書の保持が重要な犬種です。

現在アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードは、ペットや警察犬、麻薬探知犬、災害救助犬などして使われています。

ホワイトシェパードは、足腰が強く肉球や鼻の色はブラウンである。立ち耳・垂れ尾でショートコートやロングコートーコートが存在し、毛色はホワイトとクリームのみ。大型犬ですが性格は忠実で温和、訓練やしつけもよく入り、知的で物分りがよい犬種です。


大型犬で運動量も必要な犬種なので、どなたでも飼える訳ではないと思いますが
興味をお持ちの方は、一度ご見学にいらっしゃいませんか

ホワイトシェパードの子犬情報はこちらから
スポンサーサイト



【 2013/03/20 (Wed) 】 子犬情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL